フリーワード検索




楽天商品検索

キーワード

商品ジャンル
並び順


スポンサーリンク

各種郵便料金のご確認はこちら

未分類

今回は「郵便料金」について紹介します。

郵便料金は郵便局で確認する必要がありますが、こちらの記事を確認することによって、一発で料金がわかります。

ただし、郵便物の重さ等で料金は変わってきますので、正確な郵便物の料金は、直接郵便局で確認したほうがいいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハガキ料金・定形郵便物・定形外郵便物の料金・ミニレター(郵便書簡)の料金

気になる郵便料金についてです。

まずは、よく利用される「はがき」ですが、
通常はがき「62円」
往復はがき「124円」
となっています。

次に「定形郵便物」です。定形郵便物とは、送りたい物の中でも比較的小さいものです。
重量25g以内なら「82円」
重量50g以内なら「92円」です。
それよりも重たい場合「定形外郵便物」と言います。

「定形外郵便物」の場合は、
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円
500g以内 380円
1kg以内 570円
となっています。

また、規格外と言って、長辺34cm、短辺25cm以内、厚さ3cmのようなものは、以下の値段が適用されます。
50g以内 200円
100g以内 220円
150g以内 290円
250g以内 340円
500g以内 500円
1kg以内 700円
2kg以内 1,020円
4kg以内 1,330円
こちらを参考にしてください。

また、ミニレターの料金は、
25g以内で「62円」
となっています。

レターパック料金・第三種郵便物・第四種郵便物の料金

レターパックの料金は、交付記録をつけるかつけないかで料金が変わります。
交付記録をつけない場合は「4kg以内360円」
つける場合は「4kg以内510円」
です。

また、「第三郵便物」と言って、例えば新聞紙等の毎月発行されるものの料金は、以下の通りです。
50g以内「41円」(50gごと+6円、上限1kg以内)
新聞以外の物は、50g以内「62円」(さらに50gごと+8円、上限1kg以内)
となっています。

「第四郵便物」と言って、通信教育教材や学術刊といった教育に携わる郵便物の料金は、以下の通りです。
通信教育郵便物 100g以内「15円」(100gごと+10円、上限1kg(教科用の図書を内容をするものは3kg)以内)
学術刊行物郵便物 100g以内「36円」(100gごと+26円、上限1kg以内
となっています。

速達・書き留めの料金

また、郵便物には速達サービスをつけることができますが、その分料金が上乗せされます。

その値段は、以下の通りです。
郵便物(手紙・はがき)
250gまで +280円(基本料金に加算)
1kgまで +380円(基本料金に加算)
4kgまで +650円(基本料金に加算)
ゆうメール
2kgまで +320円(基本運賃に加算)
3kgまで +470円(基本運賃に加算)
となっています。

書留の料金は、以下の通りです。

通常の書留 +430円(基本料金に加算)(損害要償額1万円まで)さらに5,000円ごとに+10円(上限50万円)
となっています。