フリーワード検索




楽天商品検索

キーワード

商品ジャンル
並び順


スポンサーリンク

大阪万博記念公園の入場料・イベント情報・駐車場情報・最寄駅のアクセスはこちら

未分類

近未来都市をモチーフにして、自然豊かで建てられた当時の先端技術を駆使して作られた「万博記念公園」。

万博記念公園のシンボルとされている「太陽の塔」は世界的にも有名で、その周りには緑豊かな自然で囲まれていて、それ全体が公園となっています。

花見、スポーツ等の様々なイベントも盛りだくさんです。間違いなく楽しむことができるでしょう。

今回は、万博記念公園のイベント情報、入場料、駐車場などの必要な情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

入場料やイベント情報について

万博記念公園の入場料は、小中学生以上の大人は「250円」で、小中学生は「70円」となっています。団体で入場すると、大人は70円になり、小中学生は40円になるので、大変お得です。

万博記念公園のイベント情報についても、公式HPで確認することができます。確認方法は以下の通りです。

① 万博記念公園の公式HPにアクセス
② 公式HPの真ん中らへんの右部に「イベント」という項目があるので、クリック
③ イベント一覧で開催されている、もしくは開催中のイベントを調べる
という方法がおすすめです。

どうせ万博記念公園へ行くのなら、イベントを凌駕してさらに楽しみましょう。

スポンサーリンク

最寄りの駐車場情報

万博記念公園には駐車場が存在します。周辺には5つの駐車場が存在しているので、車でのお越しに困ることはないでしょう。合計で4500台以上駐車することができます。

基本的にコインパーキングと同じような料金方式で、時間が経つにつれて駐車料金の金額もアップします。

平日と休日で料金が違うので、しっかりとチェックしておきましょう。おおよそ、平日は最大で1,000円で、休日は最大で1,500円です。二輪車も駐車料金を取られ、時間関係なく200円です。

最寄り駅などのアクセスについて

万博記念公園には、最寄り駅がたくさん存在します。JR、地下鉄、モノレール等、様々なアクセス方法があるので、困ることはないでしょう。

おすすめのアクセスは、大阪モノレール「万博記念公園駅」に降りるのが一番いいでしょう。降りた場所がそのまま万博記念公園となりますので、降りてすぐ万博記念公園の空気を味わうことができるのです。新幹線でお越しの方は、新大阪駅に降りてから千里中央駅へ行きましょう。そこから万博記念公園駅行きのモノレールが出ています。

JRや地下鉄を使いたい場合も、「山田駅」「千里中央駅」といった駅に降りることで、目の前に万博記念公園があります。

万博記念公園の公式HPは、こちらになります。

万博記念公園
1970年に開催された日本万国博覧会、当時の先端技術を駆使して建てられたパビリオンが林立する未来都市空間。さまざまな樹木や草花を植え、太陽の塔を中心に、自然の森、そして新たな緑の公園として再生しました。

イベント情報や交通アクセス、駐車場情報など、必要な情報が満載です。ぜひ確認しましょう。

スポンサーリンク

大阪オススメスポット 比較

[table id=85 /]