フリーワード検索




楽天商品検索

キーワード

商品ジャンル
並び順


スポンサーリンク

パスポートの申請・更新・料金や必要書類・期限について

未分類

海外に旅行に行く際には必ず必要になる「パスポート」。

パスポートの効果は「私は日本人です」という証明になるので、国籍証明書としての役割を持っています。従って、それなりの情報が必要です。

申請、更新等にはしっかりとした手続きが必要です。今回は、更新、申請の仕方、料金、必要書類について紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パスポートの申請・更新・料金について

パスポートを申請したい時は、住民登録をしている都道府県(もしくは市町村)の旅券申請窓口で申請します。

申請にはやや時間がかかります。おおよそ1週間時間がかかりますので、早めの行動をおすすめします。

パスポートは更新をしないと、いずれ効力を失ってしまうのです。パスポートの更新は2週間くらいの時間が必要なので、更新が切れる間近に海外旅行に行こうとしている人は、注意してください。

おおよそ5~10年に1度パスポートを更新しなくてはいけません。申請に必要な書類は下記に示した通りですが、別に手数料がかかります。

その手数料なのですが、申請、更新に必要な料金は以下の通りとなります。
10年間有効なパスポートの手数料合計「16,000円」
内訳は「14,000円」が収入印紙で、「2,000円」が収入証紙です。
5年間有効なパスポートの手数料合計「11,000円」
内訳は「9,000円」が収入印紙で、「2,000円」が収入証紙です。

パスポート申請時の必要書類について

パスポートの申請に必要な書類は、以下の通りです。
・申請書
・戸籍謄本
・住民票の写し
・本人確認証
・写真
となっています。また、申請書には住所や名前等の情報の記載が必要です。また、インターネット上でダウンロードできる様式も存在しますので、そちらを使用してあらかじめ必要事項を記載しておくと、パスポートの申請手続きを円滑化できます。

本人確認書類は、運転免許、健康保険証、学生証等です。誰でも持っているようなものなのできちんと用意しましょう。

また、写真についてですが、パスポートを申請する際に必ず必要です。お近くの「証明写真撮影場所」を検索して、パスポート作成に必要な写真をあらかじめ取っておきましょう。

縦45mm×横35mmで、6カ月以内に撮影されたものが有効です。正面を向いて帽子などを被っていない状態でないと受け付けてもらえません。

パスポートの期限について

パスポートの有効期限についてです。

基本的には5年か10年で、20歳以上の方はどちらかを選ぶことができますが、それ未満の人は、5年で更新しなくてはいけません。

パスポートの更新は期間が空いていることもあって、忘れがちになります。しかし、持っているパスポートの更新期限はしっかりと確認して、更新漏れがないようにしてください。

パスポート申請に関しての外務省HPはこちら
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html