フリーワード検索




楽天商品検索

キーワード

商品ジャンル
並び順


スポンサーリンク

便利な翻訳サービスはこちらから

我々の世界の仕事には「翻訳家」という仕事があります。内容は、例えば英語の文章を日本語に直したりする仕事のことです。

では、「翻訳」とは具体的にどのような意味なのでしょうか。

翻訳というのは「言語で表された文章を他の言語に置き換えて表すこと」です。この言語というのを、それぞれ日本語、英語と置き換えたらわかりやすいはずです。

また、「わかりにくい言葉を一般的な言葉に直すこと」もこれに当てはまります。例えば、海上保安官の間で緊急で使用されるモールス信号を、誰にでもわかるように置き換えることも、翻訳として使われます。

また、翻訳には「直訳」と「意訳」の2つの意味に分けられることができます。後述で説明しますが、同じ翻訳といってもこの2つは意味が若干違ってきます。注意してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グーグル翻訳の方法

Googleには、翻訳サービスがあります。「Google 翻訳」と検索したら一発で出てきます。

その通り、英語やフランス語などの異なる言語を日本語に直すことができるサイトです。

英語を翻訳したい場合、日本語に直すことができます。基本的に直訳で、長い文章を翻訳する場合、不自然な日本語となってしまうことは多々あります。逆に、意訳したいときは、短い文章に区切って翻訳をしてもらうと、自分の望むわかりやすい文章になることがあります。

直訳とは?

翻訳の中でも、言語の一語一語をたどるようにして訳すことです。

例えば英語には、単語そもものにちゃんとした意味があり、その意味を一語一句違いなく訳すことが、直訳では求められます。

日本語とは違う言語の正確な意味を伝えることが目的ですが、例えばこの直訳をそのまま読み物にするのには向きません。正確な文章に直すと、どうしても日本語がおかしく不自然な仕上がりになってしまうからです。

従って、翻訳家が行うような仕事は、直訳すればいいというわけではないのです。伝えることがメインなので、ある程度は日本語でわかりやすく訳す必要があります。

意訳とは?

意訳も、翻訳の一部です。直訳とは違い、原文の形に捕らわれることなく、文章をしっかりと他人に伝えることを目的とした翻訳です。その原文から、わかりやすく言語化させることが求められます。

例えば、英語の小説を訳すときは、この「意訳」をメインにして訳します。

注意しなければいけない点は、直訳とは違って、人それぞれによって捉えかたが違う点です。例えば、翻訳家Aの思ったことと、翻訳家Bの思ったことは違い、それぞれの解釈によって意訳がまた違ってくるのです。

直訳との大きな違いで、直訳はそのまま言葉の意味を訳すため、人によって違う解釈や省略は、個人差が出てしまうのです。