フリーワード検索




楽天商品検索

キーワード

商品ジャンル
並び順


スポンサーリンク

出雲大社(島根県)の初詣のお役立ち情報!【混雑・渋滞・交通規制・駐車場】まとめ

未分類

由緒正しい神社の1つ、「出雲大社」は毎年、初詣客が正月三が日だけでも、なんと60万人が参拝する大人気な神社です。
ただ、人気すぎて多くの方が困ってしまうのが【混雑・渋滞・交通規制・駐車場】などの交通インフラについてです!

今回は出雲大社の正月初詣のための交通に関するお役立ち情報をお届けします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出雲大社の初詣の時間(参拝が可能な時間)は?

出雲大社の正月の参拝可能な時間は、毎年、以下の時間帯になっています。

■12月31日【この日は特別】ーAM6:30~終日
■1月1日【前日から引続き】ーPM8:00まで
■1月2日ーAM6:30~PM8:00まで
■1月3日ーAM6:30~PM8:00まで
■1月4日ーAM6:30~PM8:00まで
■1月5日ーAM6:30~PM8:00まで

基本的には朝の6:30から夜の8:00までが参拝可能な時間ですが、特に気をつけたいのは31日から年明けの1日ですよね!
ほぼ絶対、交通混雑は生じるので、気になる方は以下を読んでくださいね!


■交通混雑が起きる時間帯は?

出雲大社周辺での交通混雑が起きる時間帯や日にちはズバリ・・・

【12月31日(大晦日)のPM10:00~PM12:00】

です!その時間帯が急に人が混んできますので、混雑を避けたい方は公共交通機関を使うようにするのがオススメです!
ただ、遠方の参拝者様、公共交通機関が稼働している時間外に参拝したい方は、やはり車しか移動手段はありませんので、以下の例年の交通情報を参考にしみてはいかがでしょうか♪


■混雑時の交通規制やその他の駐車場情報はこちら

混雑時の【12月31日(大晦日)のPM10:00~PM12:00】を国道431号線で移動しようを考えている参拝者様に気をつけていただきたいのは、駐車場です!

その時間帯はまず、国道431号線は過度な渋滞が必ず予想されます。そして出雲大社の大駐車場(駐車収容台数:385台、バス13台)は必ず満車になっていますので、ご注意してください。

そして、車への規制に関しては、勢溜り前(神門通り商店街前)の道路431号線で、交通規制が行われています(商店街の中には車両進入禁止)

以上の時間帯を国道431号線で移動する方は、車での年越しの可能性が高くなりますので、できるだけの前倒しの時間で移動されるか、寒さ対策をすることをオススメいたします!

■車移動での混雑を回避するコツはこちら

混雑回避のポイントはズバリ、「パークアンド・ライド」ですね!
出雲大社最寄駅の出雲駅(一畑電鉄)の松江方面の各駅に車を停車して、同電車を使って出雲大社へ初詣する方法です!

【松江方面の各駅の駐車場情報は以下の状況となっています!】

臨時駐車場増設期間:12月31日~1月3日まで

■大津町駅・正月(初詣)臨時特設駐車場

駐車可能台数:130台

■川跡駅・正月(初詣)臨時特設駐車場

駐車可能台数:34台

■雲州平田駅・正月(初詣)臨時特設駐車場

駐車可能台数:325台
(※雲州平田駅はパークアンドライドで使う駅としては他駅よりも駐車台数・道幅などを含めてオススメポイントです)

■一畑口駅・正月(初詣)臨時特設駐車場
駐車可能台数:20台

■津ノ森駅・正月(初詣)臨時特設駐車場
駐車可能台数:11台

■秋鹿町駅・正月(初詣)臨時特設駐車場
駐車可能台数:10台

■松江しんじ湖温泉駅・正月(初詣)臨時特設駐車場
駐車可能台数:70台

快適な初詣を送るためにも、参拝スケジュールに合った各種交通機関情報を参考にしてくださいね!素敵な初詣となりますように、祈っております!

コメント